無駄な電気代を使わないウォーターサーバー

朝起きたら冷たい水を飲みたい、のどが乾いたらまず水が飲みたいという方も多いでしょう。また、熱いお湯を使ってお茶を飲みたい方や、料理に使いたい方もいらっしゃるでしょう。他にも、白湯を飲みたい、温度がはっきりきまったお湯を作りたいときもあるでしょう。このような要望をお持ちの方はたくさんいますし、このような理由から、ウォーターサーバーを設置している家庭も多くなっています。

先ほども述べましたが、最近ではエコモードなどが搭載されている省エネ型サーバーなども充実しており、評判になっています。エコモードは、使う人のほとんどいない長い時間や留守の時などに使うことによって、熱いお湯を作り出すためにどうしてもかかる消費電力が少なくなります。結果的に、ウォーターサーバーの電気代をカットすることができるという便利な機能です。

ウォーターサーバーのエコモードを上手く使いこなせれば、電気ポットを使っているときと比較しても、電気代がお得になります。例えば、家庭サイズの2.2リットル程度の電気ポットを1日2回沸かして使用したとします。沸騰をさせた以外は、保温モードにしているとすると、1日あたり、おおよそ30円程度の電気代となります。毎日同じことを繰り返していけば、月々の電気代は、単純計算で900円ほどかかりますから、エコモードがある省エネタイプを売りにしているウォーターサーバーを利用すると、ウォーターサーバーの電気代がよりお得になることもあります。